商店街のIT屋さん

お子様からご年配までITが苦手な人へ役に立つ事を発信していきたい。

Chromebookが送られて来た!!

CCPプログラムに登録してみたら

実際にChromebookが送られて来ました

ASUS C201P

同封された手紙にはHangoutでチャットしましょうという内容でしたが

メールで頂いた連絡は電話で相談でした

Google Cloud Platform での料金やシステムの簡単な説明

セミナー等の紹介で約25分程度の相談でした

GCPの導入も、Chromebookの利用も興味あったのでちょうどよかったです。

最後に、ChromebookGCPの連動とかはあるのか?

聞いてみましたが特にないって事だったので

一旦セットアップして使ってみますがSIM フリーってわけではないので

私の利用箇所は絞られそうですw

バリバリ使えるようになったら追加で記事を入れます。

これでDesktopOS?が4つに・・・w


追記: Developer modeとかやってみたけどなんだかんだ結局元に戻してChromebookそのままのしようかと思います。

Chromebookが送られて来た?

月初の今日

突然、会社の人からお届け物です。。。

f:id:tecokimura:20170901170638j:plain

Googleから何か届くなんて聞いたことがなかったので

会社の誰かが代表として私の名前を使って資料請求でもしたのかな?

まさか、何かの詐欺?

そもそもこれ何が入ってるの?

GCP使ってて請求書???

とかビビってたら

Chromebookを入れるケースが入っていて

GCPを検討するためにエキスパートとHangoutしてほしいからChromebook送ります

って内容でした。

ChromebookGCPも興味あったので登録してみる。。。

どうなることやら・・・

勉強会ってなんだろな

突然ですが私は勉強会に否定的です。

というのも

求められているのが勉強会というセミナーなので

私の思う「勉強会」とは

ひとつの事に対してみなで事前に学習しておき

ひとりで本を読んだりしても

理解できなかったり

理解したところが他の人はピンと来ていなかったり

それらを集めて保管したり足りない理解を補わせて向上していくものなんじゃないかなと

ほとんどの人はセミナーを求めてて

「私の知らないことを何か教えてください。」

なので言われるとなんかズレてしまいます。

逆にセミナーになるとテーマが必要で

そのテーマを出すには自分が興味あったり少し学習してたりする必要があると思います。

じゃないと特にわからないけどなにかセミナーしてくださいになっちゃうので

それでもセミナーをすることはできるのですが

エンジニアにアウトプットすることが相手の為にもひいては自分のためにもなることを

理解してもらう為の動きをすることが必要なのかな

他者が営業ツールとして?使ってるような事例があったのでふと今思ってたことをいれてみました

機械が仕事をすることが主流になるちょっと手前

先日

電話で出前を頼んだところ

電話に出た若いアルバイトの娘が

電話番号や住所、商品番号とか丁寧に聞いてくれるのだが

言い間違え、聞き間違えたり等のミスも、もちろんある

「頑張れ」とは思うが

電話を切って

未来、確実に機械に変わりそうな仕事だなと・・・

アルバイトというちゃんとフローができている仕事から機械に置き換わっていくのかもしれない

思えばマクドナルドとかも公式アプリで

事前にメニューを選択して置いて

「ピ!」っとやれば決済とオーダーが入り

中のマシンが作って出てくるだと

人は、ほとんどいらないかもしれない

そんな中、自分の仕事も取って代わったら

プログラムに集中できて嬉しいなと・・・

私「マシン君さ これ頼むよ」

マ「いやー 私ちょっとそれは・・・」

私「プログラムでプラグイン組み込むからさー」

マ「本当ですか?じゃぁ あの有料のアセット入れて欲しいんですよね」

私「了解。ちょっとPort開けてくれる? 後であの件頼むね」

マ「わかりました」

ってエンジニアならできるのかなと妄想してみる。

会社での今日この頃

ハンバーグ定食のニンジン担当

やりたい仕事ばかりではありません

働いていく中で自分がやりたい仕事ばかりができるわけではありません。

苦手や乗り気じゃない、まだわからないことだらけの仕事もこなしていくことで

仕事を任せられる信頼を積み重ねてやりたい仕事ができるようになってくるのだと思います。

私はエンジニアですが、会社で自転車で法務局へお使いに行く

というお使いがとてもやっておいてよかったなと思っています。

やりたい仕事の中には、小さく細かいやりたくない仕事もあります。

例えば食べることが大好きな人が試食をする仕事について

大好きなハンバーグセットを頼んでも、横に苦手なニンジンがついてくることもあります。

ハンバーグプレートの担当になってもあなたが食べる担当はニンジンかもしれません。

あなたが頑張ってニンジンを食べる姿も、ニンジンなら食べないよと捨てる姿も必ず誰かが見ています。

残さず食べましょう。

ハンバーグ担当の人もニンジンが実は苦手で心の中であなたに感謝してるかもしれません。

ハンバーグ担当が食べきれないハンバーグが出てきた時

頼りになるあなたにチャンスが回ってくるかもしれません

それは近い未来かもしれないしちょっと遠い未来かもしれない

けど準備している人しかそのチャンスはつかめません。

あなたはやりたい仕事が来た時に周りへの信頼や自分の準備ができていますか?

ちなみに私はニンジン嫌いじゃないです

やりたい仕事

2017はこのブログを続けていきたい!!


さて今は仕事としては未経験なんだけどこれから新しい仕事に挑戦したい人

経験はまだないけど興味あって不安はあるけど頑張りたい

って仕事も責任者は必ず成功させたい仕事です。

例えば


あなたは今までの貯蓄を崩して

好きな人の為に、優秀なパティシエを雇ってケーキを作ろうと思いました

候補として以下の3名からどれを選びたいでしょう・・・

  1. 海外のコンテストで優勝しているパティシエ
  2. 日本でお店を持って5年たつパティシエ
  3. お菓子作りを始めたいので主婦からパティシエになりました

「1」か「2」にお願いしたいよね?

  1. 材料まで指定してくれないと作ってくれない人
  2. 作りたいイメージを聞いて何度かサンプルを作ってくれる人
  3. 作り始めてたらトッピングや味は一切修正できません。

「2」だよね・・・

仕事をするなら

だれも一緒に信頼できる人、実績のある人とやりたいです。

仕事では無理やわがままわを言わないといけない事もわかってるから

無理を少しでも理解してくれる人と働きたい

だから今は100%まず目の前の仕事を頑張ることが信頼や実績につながり

やりたい仕事が来た時のチャンスをキャッチできるようになる!

ケーキの問い


私はケーキを売ったことはないですが自分でお菓子を作って持ってきたので食べて見てください。 経験が足りないところは時間や努力でカバーするつもりです。

って意気込みだったら私は伝わると思います。

勉強期間をくださいや初めてなのでクオリティはそこそこです

じゃぁ 無理です。

当たり前な話ですが

結局


今の仕事を頑張って、やりたい事に向けて勉強しましょう

「プログラマが知るべき97のこと」で特に響いた項目

PHP Conference 2016 に参加したのをきっかけに

プログラマが知るべき97のこと」を読み始めました

これいいな!ってのを付箋張りながら読んでいった結果・・・

付箋だらけになったので

もっとたくさんあるえけどこれから読む人へ厳選に厳選してみました

  • 01 ボーイスカウトルール

  • 03 超人の神話 (02. 一万時間の訓練)

  • 04 コマンドラインツールを使う

  • 56 未来へのメッセージ (82. 他者への思いやりを意識したコーディング)

  • 63 ユーザの操作ミスを防止する(53. 正しい使い方を簡単に、誤った使い方を困難に)

  • 64 プロのプログラマとは?(88. コードは生涯サポートするつもりで書く)

  • 74 「イエス」から始める

  • 91 良いプログラマになるには

  • e5 快適な環境を追求する

  • e7 不具合にテストを書いて立ち向かう

「これからプログラム始めます!」という人より「プログラム書けるようになったかな?」

って方のほうがより響きそうです

他にも良い項目ばかりでした。

年末年始是非読んでみてはいかがでしょうか? 新卒が2〜3年目になったら読ませたいですね