読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

商店街のIT屋さん

お子様からご年配までITが苦手な人へ役に立つ事を発信していきたい。

パソコンを始める人に難関になりそうなタイピング

そもそもなんで速くなる必要がある?


ブラインドタッチ?できなくてもパソコンは使えます

みんな速くなろうと思って速くなるというより

気がついたらなってたって方が多いんじゃないかな?

学校でも授業にあるかもしれないし

会社にも我流のタイピングの人はいますが

別に人に迷惑をかけるわけでもないし

ホームポジションが我流でも全然問題ないです。

結局、慣れ


バリバリのエンジニアでもパスワードとかいれる時はキーボード見る人もいるし

Shiftを使う記号なんて特にあまり覚えていない人も多いです。

スマホのフリックはみんな画面を見てやらないと思うけど

それと同じ感覚じゃないかな

タイピングが速くなる方法


まずおすすめの1つは

http://www.e-typing.ne.jp/

を毎日やる!

これ飽きるけど最初はとっつきやすいです。

スコアもでるからわかりやすいし!

たまにちょっと偏りがあるかなとおもうけどそんなに気にならない

そしてやる時のコツ


検索すると
キーボードの印字を隠し、見ないで打ちましょう
ってのが多いイメージがありますが

私は
「キーボードを見ながらでもいいから間違えずに打つことが大事」

だと思ってます。

間違えて打つ回数が多いとその分を修正する為に

「BackSpace」「Del」等を押す回数も増えて結果、入力完了まで時間がかる。

なのでまず

  1. 入力したい文章を一文頭に入れる
  2. 見ながらでいいのでホームポジションの指で入力する
  3. 指が覚えるまでただただ打つ

ただただ打って指で覚える


真っ白な紙にキーボードの配列を書きなさいってテストがあるとペンだけじゃ書けないんだけどキーボードを打つように手を動かすと「あーここがRだ」とか思い出します。

なので頭で覚えるより指で覚えるまでただただ打つ事が近道です。

ただただ打つには?


入力している文字が楽しくないと続かない

なので漫画のセリフを打ち込んでも、小説を打ち込んでもよし!

おすすめは好きなアーティストの曲を聴きながら歌詞を打つと

聞いてて楽しいし入力も楽しいんじゃないかなと

そのままスマホの曲にでも歌詞登録すれば使えるし! 

できるようになる時


これはスコアを目標にしている人はわかりやすいけれど

できるようになったー!!

というより

「キーボードを見る回数が減ってきたかな?」

とか

「FとJの突起キーを指で探すようになった」

ときに私はそう感じました

しかし


早く打てれば仕事ができるわけじゃない

ここ大事!

あくまでパソコンという道具を使うためのスタートラインですね!

参考に自分でやってみました


f:id:tecokimura:20161220184204j:plain